メニュー

新型コロナウイルス感染症に関する情報

よくあるご質問(3月10日現在)

よくあるご質問(PDF:452.68KB)

日常生活で気をつけること・こんな方はご注意ください・問い合わせ先

次の資料をご覧の上、以下の窓口へご相談ください。

新型コロナウイルスを防ぐには(PDF:159.79KB)

~新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口~

新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)※東大阪市保健所

(TEL)072-963-9393
(FAX)072-960-3809
(相談受付時間)土曜日・日曜日、祝休日を含めた終日つながります。
 月曜日~金曜日の9時~17時30分以外の時間は音声案内に従い、相談をお願いします。
 ※ファクスは月曜日~金曜日の9時~17時30分の回答になります。
 ※各都道府県が公表している帰国者・接触者相談センターについては、こちらをご確認ください

経過

2020年3月25日

 当センターに入院されていた患者さんが、新型コロナウイルスに感染されていたことが3月4日に判明したことをうけ、濃厚接触者のPCR検査を実施し、全員が陰性と判定されました。
 濃厚接触者につきましては、健康観察を2週間行ってきたところ、全員の体調に変化はみられませんでした。
 今後も、当センターにおきましては、新型コロナウイルス感染症を疑う患者さんを診療する場合には、引き続き院内の感染対策に万全を期して対応するとともに職員の健康管理を徹底してまいります。
 ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2020年3月10日

医療機関、介護施設、福祉施設の施設長様へのお願い

施設長様へのお願い(PDF:406.96KB)

2020年3月7日

 当センターに入院されていた患者さん(3月4日、陽性が判明後、治療のため感染症指定病院に転送)1名が新型コロナウイルスに感染されたことにより、当該患者さんに関わる濃厚接触者のPCR検査を実施いたしました。その結果、本日、濃厚接触者全員が陰性であることが判定されました。引き続き、入院患者さん、および診療に関わったスタッフの健康観察を行ってまいります。
 今後、当院において新型コロナウイルス感染症を疑う患者さんを診療する場合には、院内の感染対策に万全を期してまいります。
 外来・入院診療は通常どおりとなりますが、緊急及び予約以外の外来受診はお控えいただくとともに、面会は原則禁止とさせていただいております。
 ご協力をよろしくお願いいたします。

2020年3月7日

病院内に対策本部を設置し、理事長を本部長に、院長を副本部長に任命いたしました。

2020年3月5日

 当センターにおきまして、新型コロナウイルス感染症の患者が確認されましたので、お知らせ致します。患者さんは、2月中旬、発熱・下痢症状が出現、2日後には呼吸困難が出現したため、当センター救急外来を受診され入院となりました。種々の抗生物質などで加療を続けておりましたが一般的な市中肺炎とは経過が少し異なるため、コロナ肺炎を疑い、3月4日にPCR検査を行ったところ、陽性と判明いたしました。当該患者さんは治療のため、同日感染症指定病院に転送となりました。
 なお、当該患者さんに関わる濃厚接触者については保健所と連携しながら順次PCR検査を実施してまいります。
 現在のところ、当該病棟の入院患者さん、および診療に関わったスタッフには有症状者は出ておりませんが、さらに健康観察を継続してまいります。
 これまでより当センターの医療スタッフにおいては、標準予防策(サージカルマスクの着用及び手指衛生の徹底)に加え、接触感染、飛沫感染予防対策をとっておりましたので、濃厚接触者には該当いたしません。
 このため、今後の診療体制は、外来・入院診療は継続して行う予定です。緊急及び予約以外の外来受診はお控え頂きますようお願い致します。なお、面会は原則禁止とさせて頂きます。
 入院中の患者さんとご家族の皆さま、通院される患者の皆さまには、ご不安とご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

市立東大阪医療センター
院長 辻井 正彦