メニュー

循環器内科

診察担当医表

※都合により変更する場合があります

診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
第2診察室(初診)
市川 稔
髙木 崇
李 京美
第7診察室(専門)
李 京美
鷹野 讓
吉田 聡
石津 宜丸
髙木 崇
第8診察室(専門)
AM:担当医
PM:酒井 拓
第12診察室(専門)
AM:市川 稔
PM:松岡 勇樹
第14診察室(専門)
AM:吉田 聡(不整脈外来)

医師紹介

役職 医師名 専門・認定等
診療統括部長 鷹野 讓 日本心臓病学会 特別正会員(FJCC)
日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医
日本超音波医学会 超音波専門医・指導医
日本心血管インターベーション治療学会 名誉専門医
臨床研修指導医
心臓センター長(部長) 市川 稔 日本内科学会 認定医・指導医
日本循環器学会 循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会 心血管カテーテル治療専門医・施設指導医
日本心臓血管内視鏡学会 専門医・理事
副部長 髙木 崇 日本内科学会 認定医
日本循環器学会 循環器専門医
副部長 酒井 拓 日本内科学会 認定医
主任医長 石津 宜丸 日本内科学会 認定医
日本循環器学会 循環器専門医
主任医長 吉田 聡 日本内科学会 認定医
日本循環器学会 循環器専門医
医長 李 京美 日本内科学会 認定医
専攻医 松岡 勇樹 日本内科学会 認定医
専攻医 木村 鎬成
専攻医 坂本 大輔

診療科の紹介

循環器内科が取り扱う疾患は、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)などの動脈硬化性の病気、心臓の筋肉の病気(心筋症)、心臓弁膜症が主なものです。これら疾患は悪化すると、心不全状態に陥ってしまいますがそれらに関して私たちは治療します。動脈硬化が足の血管に生じると足に流れる動脈血流が乏しくなり、長時間歩けなくなります。これを閉塞性動脈硬化症と呼び、心臓同様にカテーテル治療が有効である場合があります。また、動脈硬化の危険因子である高血圧、脂質異常症、糖尿病も指導の対象となります。さらに心臓血管外科の治療が必要な場合は、適宜紹介します。
循環器内科ではアンギオ装置・心筋シンチ・マルチスライスCT・心臓MRIが整備され、狭心症、急性心筋梗塞に対して、いわゆるカテーテル治療(風船・ステント治療)を行っており、緊急心臓カテーテル検査も24時間実施しております。心原性ショックには補助循環装置としてIABP(大動脈内バルーンポンピング)、PCPS(経皮的心肺補助)を用いて劇症型心筋炎や重症肺動脈血栓塞栓症などの治療も行っています。
カテーテル検査や治療において、当院では特に血管内イメージング(血管内超音波:IVUS、光干渉断層法:OCT、血管内視鏡)を用いて診断や治療方針の決定に役立てております。

●血管内超音波:IVUS ●光干渉断層法:OCT  ●血管内視鏡
         

また不整脈の治療としてペースメーカー植込み術や様々な不整脈に対する治療として、平成29年9月よりカテーテルアブレーションも開始し、積極的に治療に取り組んでおります。

  ●CARTO3システムを用いたカテーテルアブレーション治療
以下に2018年度の当科の診療実績を記します(2018年1月から2018年12月まで)。
冠動脈造影総数は530例で、その中でカテーテル治療は、経皮的冠動脈インターベンション(PCI) 266例、下肢などの末梢血管治療が25例でした。
急性心筋梗塞、不安定狭心症などの急性冠症候群に対する緊急PCIは96例、IABP使用は14例、PCPS使用は3例、冠動脈の血管内視鏡は15例でした。
カテーテルアブレーション81例でした。
Pacemaker植込み総数は71例(新規56例)でした。
心筋シンチ総数は173例(その中で運動負荷110例、薬剤負荷63例)、マルチスライスCTによる冠動脈CTは339例、大血管CTAは54例、下肢動脈MRAは17例。
心エコーは経胸壁が5338例、経食道72例、トレッドミル運動負荷心電図は258例、Holter ECGは例で447した。
心臓リハビリテーションの新規患者数は283例、実施延べ件数は3712件でした。