メニュー

臨床腫瘍科

臨床腫瘍科設立のご案内

日本人は、約2人に1人が生涯で「がん」にかかると推計されています。がん対策基本法が2006年6月に制定され、基本法に基づき「がん対策推進基本計画」が策定され、全国にがん診療連携拠点病院の整備や緩和ケア提供体制の強化、地域がん登録の充実が図られてきました。2012年6月には基本計画の見直しが行われました。これには施設間格差、放射線療法や化学療法についてもさらなる充実が必要であること等に加え、治療薬の進歩がもたらす負の面にも注意しなければなりません。既存の殺細胞性抗がん薬(アルキル化薬、白金製剤、代謝拮抗薬、トポイソメラーゼ阻害薬、微小管作用抗がん薬)や内分泌療法薬、に加え、分子標的治療薬、小分子化合物(ALK阻害薬、CDK4/6阻害薬、mTOR阻害薬など)、血管新生にかかわる分子に対する抗体薬、オプジーボなど免疫チェックポイント阻害薬、など短期間で多種多様な新規抗がん薬が現れ、すべての薬が適正に使用されそれぞれの副作用に正しく対処する事が重要です。
市立東大阪医療センターは高度専門医療に対応する臓器別がん診療体制を敷いてきましたが、臓器横断的な診療体制が必要と考えられ2018年にがん薬物療法を行う臨床腫瘍科を設立し、国指定の癌拠点病院の責務を果たしたいと考えています。4月から新たに専従医師を外来化学療法室に配置し、将来的にはがん薬物療法の専門医取得、希少がんなどすべてのがん腫に対応、総合的なアプローチを行う予定です。多くの患者様は主に外来化学療法室で治療されており、2017年度は3896名の利用がありました。また、当院は中河内唯一の緩和ケア病棟を有し、多職種によるチーム医療を実践しています。がん専門薬剤師は抗がん薬の調製、治療スケジュールや副作用の管理など、がん薬物療法の見張り役です。臨床腫瘍科は、様々な部門と協力して、がん患者様が安心して高度な医療を受けられる環境作りを目指します。

臨床腫瘍科部長 富永修盛

医師紹介

役職 医師名 専門・認定等
部長(兼任) 富永 修盛 日本外科学会 認定医・専門医
日本乳癌学会 認定医・専門医・指導医・評議員
精中機構検診マンモグラフィ読影認定医師
精中機構乳がん検診超音波検査実施・判定医師
日本大腸肛門病学会:専門医・指導医
兵庫医科大学臨床教育教授
近畿外科学会評議員
米国臨床腫瘍学会(ASCO) active member
主任医長 家出 清継 日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
麻酔科標榜医
「個別化がん医療実践者(がんプロ)養成プラン
地域中核病院専門医療職養成(インテンシブ)コース」修了