メニュー

診察担当医表

※都合により変更する場合があります。
※再診は予約制です。

診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
第1診察室
(初診)
中西 隆司
(初診・紹介)
明石 貴子
(初診・紹介)
小川 恵
(初診・紹介)
前原 将男
(初診・紹介)
奥 正孝
(初診・紹介)
第2診察室
(産科)
前原 将男
(妊婦健診)
中西 隆司
(妊婦健診)
奥 正孝
(妊婦健診)
明石 貴子
(妊婦健診)
小川 恵
(妊婦健診)
第3診察室
(専門・予約)
斎藤 仁美
(漢方・紹介)
宇山 圭子
(女性医学)
AM:宇山 圭子
(紹介)
PM:赤坂 往倫範(再診)

医師紹介

役職 医師名 専門・認定等
部長 奥 正孝 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
奈良県立医科大学 非常勤講師
大阪産婦人科医会 評議員
日本平滑筋学会 評議員
専門分野:内分泌・腫瘍・東洋医学
副部長 宇山 圭子 日本産科婦人科学会 専門医
専門分野:女性外来
副部長 前原 将男 日本産科婦人科学会 専門医
専門分野:腹腔鏡
副部長 中西 隆司 日本産科婦人科学会 専門医
専門分野:腹腔鏡
副部長 明石 貴子
主任医長 斎藤 仁美 日本産科婦人科学会 専門医
専門分野:東洋医学
主任医長 小川 恵 日本産科婦人科学会 専門医
専攻医 赤坂 往倫範

診療科の紹介

産婦人科は現在8名の医師で診療を行っています。当科は、一貫性のあるチームワーク医療とボーダーライン領域に対応する特殊外来の充実を基本理念としています。

1.外来部門

外来は3診制で行っており、午前中の1診は主に初診を、午後は再診(予約制)を行っています。また2診は妊婦検診を行っています。

2.病棟部門

病棟は5階南で一般病床51床と、周産期エリア(陣痛室・新生児室・分娩室)により構成されています。
婦人科部門としては、院内に放射線治療室を有することもあり、婦人科悪性腫瘍に対する集学的治療を積極的に行っています。看護スタッフは緩和ケアに関しても積極的に取り組んでいます。
産科部門としては、東大阪地区で唯一のOGCS加盟施設でもあり、また院内にNICUを有することもあり、地域の周産期医療の拠点として活動しています。

マタニティ・クラスのご案内

がんについて

当科では年間50から60件の婦人科悪性腫瘍手術を行っております。子宮頚癌・体癌の手術件数はそれぞれ年間10件程度なので、半数以上が卵巣癌に対する付属器悪性腫瘍手術となっています。放射線治療に関し、外照射は院内で行えるのですが、進行子宮頚癌に対する子宮腔内照射の設備がないため、成人病センター放射線科の協力により治療を行っています。

具体的な治療計画は、ガイドラインに準じた標準治療を踏まえた上で、他診療科を交えたカンファレンスの場において、個々の患者様の身体的・社会的状況を考慮したうえで作成しています。手術完遂度の改善を目的とした術前化学療法の施行や、放射線科の協力による抗癌剤の動注や腫瘍の塞栓術なども積極的に行っております。骨転移などによる疼痛に関しても、迅速な照射による除痛を行っていただけるので、患者様からも喜ばれております。

また、最後まで関わり合うことを理念としていますので、終末期の過ごし方に関しても、多くの提案ができるように他施設との連携も含め、各種取り組みを行っています。

「産科医療保障制度」についてのお知らせ

当院は、「産科医療補償制度」に加入しています。
この制度は、分娩に関連して発症した重度脳性麻痺の赤ちゃんやそのご家族が補償を受けられる制度です。平成21年1月1日以降に当院で分娩される予定の妊産婦の方を対象として「登録証」を交付しますので、氏名等の記入についてご協力をお願いします。
なお、当院で分娩されたすべての方に対して保険料相当額(1万6千円)をご負担いただきますが、この保険料相当額を補うため、健康保険の出産一時金が、平成21年1月以降出産分から増額されています。
※「産科医療保障制度」について、詳しくは財団法人 日本医療機能評価機構のホームページご覧ください

財団法人 日本医療機能評価機構(外部サイト)