メニュー

診察担当医表

※都合により変更する場合があります。

診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
第1診察室
小林 正雄
弓場 覚
小野 豊
堀谷 弘
石津谷 祐
第2診察室
弓場 覚
石津谷 祐
小林 正雄
中森 繁
小野 豊
第3診察室
石川 匠

医師紹介

部長
小野 豊
 
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
da Vinci サージカルシステム認定資格
副部長
小林 正雄
 
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会認定 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会認定 技術認定取得者(泌尿器腹腔鏡)
日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
da Vinciサージカルシステム認定資格
主任医長
石津谷 祐
 
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
da Vinciサージカルシステム認定資格
医長
堀井 沙也佳
 
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
da Vinci サージカルシステム認定資格
医長
弓場 覚
 
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
日本泌尿器内視鏡学会認定 泌尿器腹腔鏡技術認定医
da Vinciサージカルシステム認定資格
医員
堀谷 弘
 
da Vinciサージカルシステム認定資格
専攻医
石川 匠
 
病院顧問
中森 繁
 
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医

診療科の紹介

 当科では、腎移植を除く泌尿器科全般の治療を行っています。他に副腎腫瘍や副甲状腺機能亢進症などに対する内分泌外科としての役割も担っています。
中でも、尿路結石症、尿路悪性腫瘍(腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍など)、排尿障害(前立腺肥大症、神経学的原因に起因する膀胱機能障害など)、 過活動膀胱、尿路感染症などが主な疾患となります。
 新規医療機器も積極的に採用し、従来の治療も含めた様々な治療方法の中から、それぞれの患者さんに最適なものを患者さんと一緒に考えていくことを心がけています。

泌尿器科悪性疾患

 泌尿器科悪性疾患に関しては積極的に取り組んでおります。 ほぼすべての泌尿器科悪性疾患に対処し、最新の機器や薬剤を用い患者さんにとって最善の治療を常に目指しています。 以下に、主な腫瘍の当科での取り組みについていくつかご紹介します。

前立腺癌

早期前立腺癌に対しては最新の機種であるDaVinciXi®を用いたロボット支援手術、放射線治療のみならず、無治療経過観察も含めた種々の治療オプションの中から患者さんに最適と考えられる治療を選択しています。
 手術療法は基本的にはロボット支援下で行います。これにより、従来より安全が高く、治療効果が高く、患者さんへの痛みや負担が少ない手術が可能となっています。
 放射線治療では、放射線の直腸への影響を低減する目的で行う 『直腸周囲ハイドロゲルスペーサ・SpaceOAR®』(※)の留置を令和2年より開始しました。 また、放射線治療中の前立腺の変位に追従し、治療精度を上げることの出来る金属マーカー留置も同時に行っています。放射線の照射装置は従来のいわゆるピンポイント照射といわれる強度変調放射線治療(IMRT)の応用型で回転原体照射に強度変調機能を加えた強度変調回転照射法(VMAT)での治療が可能です。 ハイドロゲルスペーサ、金属マーカー、VMATを用いることで当院における前立腺癌の放射線治療は高い治療効果と、低い合併症を両立することが出来るようになりました。

※ハイドロゲル・スペーサーを用いた前立腺がんの放射線治療

腎臓癌

小径腎臓癌に対してはロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術を行います。腎摘除術が必要な症例に対しては基本的には腹腔鏡手術を行います。 また、心臓血管外科の開設に伴い、下大静脈まで浸潤をした進行性の腎臓癌に対する手術も可能となりました。

膀胱癌

進行性の膀胱癌に対し、根治が可能と考えた場合は基本的に膀胱全摘術を行いますが、令和2年よりロボット支援下での手術が可能となりました。これに伴い患者さんの術後の負担が著しく軽減されています。また、自排尿型尿路変向や、膀胱温存を目的とした放射線化学療法(患者さんの膀胱温存の希望が強く、その再発の危険性なども十分ご理解いただいた上で)など患者様のQOLを最大限尊重した治療を心がけるようにしています。

尿路結石治療

 当院におけるESWL(体外衝撃波結石破砕術)は、破砕機器モデュリスーSLX―F2で施行し、その破砕効率は非常に高率で、今まで対応できなかった尿路結石に対してもESWL単独での治療が可能となっています。また、軟性尿管鏡とレーザ発生器を用いた、最新の結石治療であるf-TULをはじめとする各種内視鏡手術にも積極的に取り組んでおり大阪府下でも有数の症例数です。大きな腎結石に対しては、合併症の少ない細径腎盂鏡を用いた経皮的腎結石砕石術とf-TULを同時に組み合わせることで合併症が少なく、効率の良い治療を行っています。 尿路結石が多発する原疾患の一つである副甲状腺機能亢進症に対しては、副甲状腺腺腫摘除術も行っています。

前立腺肥大症

 治療の基本は投薬治療ですが、投薬治療で効果不十分な症例に対して手術療法を検討します。従来の標準治療である経尿道的前立腺切除術(TURP)のみならず、新しい手術である経尿道的前立腺核出術(TUEB:みかんの実をそのままくりぬくイメージ)も積極的に行っており、大きな前立腺肥大症に対しても安全に手術出来るようになりました。

小児泌尿器科手術

 小児の陰嚢内手術(停留精巣、陰嚢腫水腫、精索水腫)に関しての手術を行っています。 また、対応の難しい症例に関しては小児泌尿器科を専門に扱っている病院と連携を取りながら診療を行い、必要に応じ紹介させて頂いています。

手術内容と件数(括弧内)

 
副腎 腹腔鏡下副腎摘除術(5)
腎臓 腎細胞がん等
ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除(8)、小切開腎部分切除(1)、開腹腎部分切除(1)、 腹腔鏡下腎摘除(12)、開腹腎摘除(9)
腎盂尿管がん
腹腔鏡下腎尿管全摘(14)、開腹腎尿管全摘(7)
結石
経皮的腎尿管結石砕石術(10)、経尿道的腎尿管結石砕石術(115)、 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)(103)
膀胱 膀胱癌
経尿道的膀胱腫瘍切除術(178)、開腹膀胱全摘除(11)、ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘(2)
結石
経尿道的膀胱結石砕石術(24)
前立腺 前立腺癌
生検(185)、ロボット支援下前立腺全摘除(25)、 開腹前立腺全摘除(1)、 SpaceOARR留置(10)
前立腺肥大症
TURP/TUEB(21)、開腹被膜下前立腺摘除(3)
尿道 尿道狭窄症
直視下内尿道切開術(14)
精巣 精巣癌摘除術(5)、精巣固定術(3)、その他陰嚢内容手術(19)
その他 尿膜管摘除(2)、副甲状腺摘除(1) など