メニュー

診察担当医表

※都合により変更する場合があります。

診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
第1診察室
小林 正雄
中森 繁
小野 豊
中森 繁
小野 豊
第2診察室
岸本 望
野々村 大地
小林 正雄
岸本 望
野々村 大地
第3診察室
藤本 幸太

医師紹介

役職 医師名 専門・認定等
部長 小野 豊 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
da Vinci サージカルシステム認定資格
副部長 小林 正雄 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本泌尿器科学会/日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
主任医長 岸本 望 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
da Vinci サージカルシステム認定資格
医長 堀井 沙也佳 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
da Vinci サージカルシステム認定資格
医長 野々村 大地 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会/日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(泌尿器科領域)
日本泌尿器科学会/日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット支援手術プロクター認定
医員 藤本 幸太
中森 繁 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
日本泌尿器科学会 ボーティングメンバー
大阪大学医学部 非常勤講師

診療科の紹介

泌尿器科は主に尿路と男性生殖器疾患を取り扱う科であり、尿路結石症、尿路悪性腫瘍(膀胱癌、腎盂尿管癌、腎癌、前立腺癌、精巣腫瘍など)、排尿障害(前立腺肥大症、神経学的原因に起因する膀胱機能障害など)、過活動膀胱、尿路感染症などが当科日常診療上扱う主な疾患となりますが、他に副腎腫瘍や副甲状腺機能亢進症などに対する内分泌外科としての役割も担っています。
診療スタッフは常勤医6名、非常勤医1名の計7名で診療しています。

診療内容

外来は、年間の新患数は約1800名前後で推移しています。月曜日より水曜日までは2診で木・金曜日は3診で診察をしています(火曜日および木曜日は手術日のため診療は午前中のみ)。診察当日、必要に応じて尿検査、腎臓、膀胱超音波検査、レントゲン検査、膀胱鏡検査、膀胱機能検査などを行うため、初めて受診される方は待ち時間が少々長くなることがありますのでご了承をお願い致します。
入院患者において定床数は31床で、入院患者の疾患は尿路悪性腫瘍、前立腺肥大症、尿路結石症を主体とし、その他小児泌尿器科手術、尿路感染症などほぼすべての泌尿器科疾患に対応し、市民病院としての役割を果たせていると自負しています。

泌尿器悪性疾患

近年、泌尿器科悪性疾患に関しては力を入れており、癌専門病院に劣らない治療をと考えています。浸潤性膀胱癌の治療に関しては従来の膀胱全摘除術はもちろん、自排尿型尿路変向手術や男性機能温存手術といった各種手術、膀胱温存を目的とした放射線化学療法など患者様のQOLを最大限尊重した治療を心がけるようにしています。前立腺癌に関しても患者様のQOLを考え、適応が有れば男性機能温存手術も積極的に行っています。また症例は限定されるのですが放射線治療科との連携の上、強度変調放射線治療(IMRT)も行っており、前立腺癌の根治療法に関しては幅広い選択肢の治療選択が可能です。腎癌に関しては、小さな腫瘍は内視鏡下腎部分切除、内視鏡補助下小切開手術での腎部分切除を症例に応じ選択しています。また、腎摘除が必要となる症例に対しては基本的には内視鏡下での腎(尿管)摘除を行っており、患者様に優しい治療を心がけています。

尿路結石治療

月曜日、水曜日、金曜日には外来および入院患者にESWL(体外衝撃波砕石術)を施行しています(年間約400件)。他院に先立てて機種更新した破砕機器モデュリスーSLX―F2の破砕効率は前世代の機種のそれより著しく改善しており、今まで対応できなかった尿路結石に対してもESWL単独での治療が可能となりました。また、軟性尿管鏡とレーザ発生器を用いた、最新の結石治療であるf-TULをはじめとする各種内視鏡手術にも対応しており、ほぼすべての結石に対応可能です。
結石が沢山出来る患者様の中で、副甲状腺機能亢進症の患者様に対しては副甲状腺腺腫摘除術も行っています。

前立腺肥大症

治療の基本は投薬治療であり、投薬治療では効果不十分な症例に対して手術療法を検討します。従来より標準的に行われている経尿道的前立腺切除術(TURP)のみならず、新しい手術である経尿道的前立腺核出術(TUEB:みかんの実をそのままくりぬくイメージ)を積極的に行っており、大きな前立腺肥大症に対しても安全に手術出来るようになりました

小児泌尿器科手術

小児の陰嚢内手術(停留精巣、陰嚢腫水、精索水腫)に関しては、比較的多数の手術を行っています。また、対応の難しい症例に関しては小児泌尿器科を専門に扱っている病院と連携を取りながら診療を行い、必要に応じ紹介させて頂いています。

手術内容と件数(括弧内)

 
副腎 腹腔鏡下副腎摘除術(5)
腎臓 腎細胞癌、腎盂癌
内視鏡下手術
 腎摘除(9) 腎尿管摘除(11)腎部分切除(4)
内視鏡補助下小切開手術
 腎部分切除(4)
開腹手術
 腎摘除(6) 腎尿管摘除(5)
尿管 経尿道的尿管結石砕石術(9) 腹腔鏡下腎盂形成術(1)
膀胱 膀胱癌
TURBT(119)、膀胱全摘出術(尿路変更)(12)、
膀胱結石
経尿道的砕石術(12)
前立腺 前立腺肥大症、前立腺癌
経尿道的前立腺肥大手術(42)、前立腺全摘出術(22)
前立腺生検(193)
尿道 尿道狭窄等
直視下内尿道切開術(12)
精巣 小児泌尿器科、精巣癌等
高位除睾術(5)、陰嚢水腫根治術(10)、精索静脈瘤根治術(3)
精巣固定術(27)