メニュー

内視鏡センター

内視鏡検査・治療週間予定表

○:実施日 ※都合により変更する場合があります。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
上部消化管内視鏡検査
大腸内視鏡検査
粘膜下層剥離術(ESD)      
胃ポリペクトミー・粘膜切除術    
大腸ポリペクトミー・粘膜切除術  
超音波内視鏡検査    
逆行性胆管膵管造影検査       
食道静脈硬化・結紮療法      
気管支鏡検査      

医師紹介

役職 医師名 専門・認定等
内視鏡センター長
(消化器内科部長)
小林 一三 日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本肝臓学会指導医

診療科の紹介

当院は日本消化器内視鏡学会の指導施設です。内視鏡センターでは、上部消化管内視鏡、大腸内視鏡、内視鏡的胆管膵管造影、気管支鏡による検査・治療を行います。 4台の電子内視鏡システムと1台の透視装置を装備し、月曜日から金曜日まで毎日検査・治療を行っています(原則として予約制です)。

消化管内視鏡では、午前は上部、午後は大腸の検査を行い、通常観察に加えてNBI拡大観察や色素内視鏡、超音波内視鏡検査を併用し、病変の早期発見に努めています。希望される方には経鼻内視鏡や鎮静剤を使用して、検査の苦痛を軽減するようにしています。 治療では早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)に力を入れております。粘膜・ポリープ切除術や食道静脈瘤硬化・結紮療法、消化管出血に対する内視鏡的止血術、異物除去の他に、消化管狭窄に対するステント挿入やバルーン拡張術も数多く行っています。総胆管結石の内視鏡的除去術や、胆道狭窄に対する内視鏡的ドレナージやステント挿入も、消化器外科と密に相談しながら行っています。また超音波内視鏡(EUS)を用いての診断、穿刺吸引生検(EUS-FNA)やドレナージも積極的に行っています。

消化管内視鏡検査は消化器内科医、消化器外科医が交代あるいは共同で担当しており、毎週内視鏡カンファレンスを行って問題症例の治療方針を検討しているため、両科間の連絡もスムーズに行われます。

気管支鏡は、呼吸器外科医が検査に当たっており、生検、擦過細胞診、培養、気管洗浄等を併用して微細病変の診断を行い、治療方針を決定します。

2019年度の実績は、上部消化管内視鏡が3910件(うちESD 91件(胃75件、食道16件、内視鏡的止血術212件、食道静脈瘤治療36件、EUS-FNA29件、ステント留置21件、EUS下嚢胞・膿瘍ドレナージ9件)、大腸内視鏡が1788件(うちESD 38件、ポリープ・粘膜切除術376件、結腸直腸止血術29件、大腸ステント留置29件)、内視鏡的胆管膵管造影が465件(うち総胆管結石除去術158件、胆管ステント挿入240件)、気管支鏡は22件でした。

なお上部消化管、大腸内視鏡検査は、病診連携システムを利用して、お近くのクリニックから当院内視鏡室に直接御予約いただき、検査終了後、結果をクリニックでお聞きいただくことも可能ですので、ご利用下さい。