メニュー

血液浄化部

血液透析週間予定表

○:実施日 ※都合により変更する場合があります。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
血液透析

医師紹介

役職 医師名 専門・認定等
血液浄化部長 原田 環 日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 認定医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本透析医学会 専門医

診療内容の紹介

透析治療は腎不全により体内に蓄積した老廃物や過剰な体液を除去する治療であり、現在日本では33万人以上の方が末期腎不全に対して透析治療をされています。当院血液浄化部は15床の透析用ベッドを有しており、年間80人前後の患者様の血液透析治療の新規導入を行っています。導入期の患者様は、透析治療や今後の生活にたいする不安を抱える方も多いため、透析室のスタッフはできる限り患者様に寄り添えるように、個別に家族様とも相談させていただく時間を設けるようにしております。

当院では入院での透析導入を行っておりますが、急性期治療を旨とする当院の性格上、透析導入して退院後は他の透析に紹介させていただいており、地域医療連携室で施設見学や紹介先との退院後の透析治療の調整を行っております。

また、全身管理が必要な重症患者様にたいする透析治療は、麻酔科医と協力して集中治療室(ICU)で持続血液透析濾過法(CHDF)を行っています。

血液浄化部では、膠原病や神経疾患などの原因となる物質を、さまざまな方法を駆使して血液中から除去する特殊血液浄化も行っております。具体的には、重症膵炎・鬱血性心不全などには持続血液透析濾過(CHDF)、肝不全、膠原病では血漿交換、ギラン・バレー症候群などでの免疫吸着、敗血症でのエンドトキシン吸着といった治療です。難治性腹水にたいする腹水濾過濃縮再静注法なども各科の依頼に応じて透析室で対処しております。