メニュー

乳腺撮影装置(マンモグラフィ)について

使用機器

FUJIFILM社製 AMULET Innovality
FUJIFILM社製 AMULET Innovality

  • FUJIFILM社製 AMULET Innovality

当院の装置は、通常の撮影に加えマンモトーム生検にも対応しております。

マンモグラフィ検査とは

マンモグラフィ検査とは、乳房のX線撮影のことで乳がんを診断する方法のひとつです。
撮影は、乳房を片方ずつ台の上に乗せ、アクリルの板で挟みます。
通常は上下方向(頭尾方向)、左右方向(内外斜位方向)の2方向から撮影を行います。
当院は精密検査実施機関であるため、拡大撮影など必要に応じた追加撮影を実施することもあります。
マンモグラフィ検査は、触診では見つかりにくいごく微小な乳がんや、超音波では見つけにくい早期がんの特徴のひとつである微細な石灰化を写し出すことに優れています。

マンモトーム生検とは

マンモトーム生検とは、マンモグラフィで発見された乳がんが疑われる石灰化部位に対し行います。
マンモグラフィ検査と同じように乳房を固定し、簡単な局所麻酔を行い専用の針を乳房に穿刺し、吸引を行いながら病変が疑われる組織を採取します。
得られた組織を病理診断し、良性か悪性かを診断します。

当院は、日本乳がん検診精度管理中央機構による検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師が在中しております。
女性技師が対応させて頂きますので、安心して受診してください。

注意事項

次のような方は検査を受けられないことがあります。(必ず検査予約時、検査前にスタッフにお申し出ください)

  • 妊娠している方
  • 豊胸術を受けたことがある方
  • V-Pシャント術をされている方
  • 心臓ペースメーカーを入れている方