メニュー

個人情報保護方針

個人情報保護に関する基本方針

当院は、患者さんに良質な医療を提供できるよう日々努力を重ねております。「患者さんの個人情報」につきましても、適切に保護し管理することが非常に重要であると考えております。そのため、当院では、以下の個人情報保護に関する基本方針を定め確実な履行に努めます。

個人情報とは

生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。
具体例:氏名、生年月日、住所、電話番号など

法令等の遵守

当院は、個人情報の保護に関する法令及び内部規程を遵守し、保有する個人情報の適正な管理・利用と保護に努めます。

個人情報の取得

当院は、医療に係る範囲において個人情報を取得します。 なお、法令に定められている場合及び本人の同意がある場合を除き、 個人情報を第三者から取得いたしません。

個人情報の利用目的の通知等

当院は、個人情報の利用目的について通知又は公表を行います。なお、本人から書面に記載された個人情報を取得する場合は、利用目的を明示します。

個人情報の目的外利用の禁止

当院は、以下の場合を除き、通知又は公表している利用目的の範囲を超えて保有する個人情報を利用いたしません。

  • 患者さんの了解を得た場合
  • 個人を識別あるいは特定できない状態に加工(匿名化)して利用する場合
  • 法令等により提供を要求された場合
 

また、法令に定められている場合及び本人の同意がある場合を除き、保有する個人情報を第三者に提供しません。

個人情報についてのお問い合わせへの対応

当院は、個人情報についてのお問い合わせに対して適切かつ迅速に対処します。苦情につきましては、下記の窓口でお受けいたします。
窓口:医事課

個人情報の利用目的

当院では、患者さんの個人情報(氏名、年齢及び住所等)の保護に全力で取り組んでいます。患者さんの個人情報の利用は下記の目的に限定し、その取扱いには万全の体制で取り組んでいます。なお、取扱いについてお気づきの点等ございましたら、担当窓口にお申し出ください。

市立東大阪医療センター院長

当院が扱う個人情報が含まれる記録等
個人情報が含まれる記録等の種類 内容・コンテンツ
診療および診療報酬請求事務以外では、個人を識別あるいは
特定できない状態に加工(匿名化)して利用されます。
診療録 医師法施行規則第23条で定められた以下の項目
  1. 診療を受けた者の基本情報(氏名、性別、年齢及び生年月日)、住所
  2. 病名及び主要症状
  3. 治療方法(処方及び処置)
  4. 診療の年月日
  5. 保険医療機関及び保険医療養担当規則第22条で定められた以下の項目
  6. 診療終了年月日
  7. 保険者番号、被保険者証の記号・番号・有効期限
  8. 被保険者の氏名・資格取得年月日
  9. 保険者の名所・所在地
処方箋 医療法第21条及び保険医療機関及び保険医療養担当規則第23条に基づいた以下の項目
  1. 診療を受けた者の基本情報
  2. 保険者番号、被保険者証の記号・番号
  3. 処方薬
  4. 服用方法
  5. 発行年月日
  6. 使用期間
  7. 患者の住所(麻薬処方箋の場合)
照射録 診療放射線技師法第28条に基づく以下の項目
  1. 照射を受けた患者の基本情報
  2. 照射年月、方法
診療報酬明細書 「診療報酬請求書等の記載要領等について」(昭和51年8月7日保険発第82号)に基づく以下の項目
  1. 診療を受けた者の基本情報
  2. 傷病名
  3. 入退院年月日
  4. 診療年月日
  5. 保険者番号、被保険者証の記号・番号
  6. 診療録に沿った診療行為等
助産録 助産録の記載事項については保健師助産師看護師法第34条に定められた以下の項目
  1. 診療を受けた者の基本情報
  2. 妊娠歴
  3. 現妊娠歴
  4. 分娩経過情報
  5. 新生児情報
個人情報の開示等の窓口

当院は、保有する個人情報について開示等(保有個人情報の利用目的の通知、保有個人情報の開示、保有個人情報の訂正、追加又は削除、保有個人情報の利用停止)を行います。患者さんの個人情報のお問い合わせは、下記の窓口でお受けいたします。
窓口:医事課